++Ringing-Bell Blog++
2022 / 05   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Pageview

Twitter


Profile
Web Master⇒かずちん
パピヨン5匹と共に暮らす生活を紹介
愛用Camera―Nikon D200
       Nikon D300s
       Nikon P300
冬はスノーボードに勤しみ夏は南の島へ
詳しいことは『Kazutin's Profile』参照

mail⇒ メ−ルフォ−ムに書いてちょ-だい
main site
http://www.ringing-bell.com/

Menu

Pickup Photo!
2013/12/09 :: 自慢話
私の祖母、ヨリエさんが12月6日23:04 静かに息をひきとりました。
100年という壮大な人生の幕がおりました。
いや、悲しい話ではありません、
私の自慢話です。

ちょっと長くは書いてしまいましたが、もしよかったら私の自慢話を聞いてください。

!!$more!!

そりゃー亡くなってしまい、悲しくて仕方がありません。
でも、100歳という年齢。寝たきりの状態。
もう一世紀生きてきた中で、プライドを高くもっていた祖母にとって、この状態は本人にとってつらかったに違いがありません。
人に迷惑をかけることを本当に嫌った人です。

私たち家族も、「頑張ってほしい」という気持ちと「もう十分頑張ったからもう頑張らなくていいよ」という気持ちがぐちゃぐちゃと合わさっていて、いろんな葛藤があったこの3か月です。

9月の初めから嚥下障害が出始めました。
そして、そこに久々の狭心症の発作
その日から、祖母は食事がまともに取れなくなりました。

ウイダーインなどのゼリー栄養飲料とジュースとOS1
あと、レトルトのおかゆをさらにトロトロに
この3か月これだけです。
それも大した量は接種できていません。

点滴は血管がもろくなっているので無理。
ここから、家族での本当に意味での介護が始まった気がします。

おむつを替え
暇さえあれば水分を入れる
一生懸命声をかける

していることなんて、はっきりいってこれだけです。
でも、これが大切であって、家にいる『意味』だと思ってます。

往診医の先生がこの1年お世話をしてくださいました。
先生とも相談をし、施設にいれることは簡単ではあるけれど、入るだけ入って、忙しい介護スタッフがつきっきりで世話をしてくれるわけではない。
だったら、家族に声をかけてもらって、ずっと見てもらっているほうがおばーちゃんにとって幸せだと結論をだしました。

それには、家族だけではなく、いろんな人のお世話になったのも事実です。
ケアマネージャー、訪問看護師の方、先生
いろんなアドバイスや知恵を賜りました。

11月末、とうとう水さえ受け付けなくなり、ある意味私たちは覚悟はしていました。
あとは、どうすることが一番おばーちゃんが楽であるかです。

12月6日、母からの電話でまっすぐ帰ってきてほしいとの連絡
夕方から、瞳孔の動きがおかしくなり、瞬きがまったくなくなりました。
そして、ここからはやはり100歳という年齢なんでしょう。
変化が刻を追うごとにあります。

手の色も足の色も悪い。
もう酸素が体の先までいかないのです。
要するに、脳にもいってないでしょう。
なので、いろんな反応がなくなりました。

手をずっと握っていると、私の体温が移り、色もよくなります。
それから3時間くらい握っていたかなぁ (父にはあとのこともあるので寝てもらいました)
母と2人で見ていたら、手をぎゅぎゅって急に握りかえし、『あーあー、あーあー』と何かを言ったんです。
でも、私も母もそれがなんと言ったのか聞き取ることができませんでした。(涙)
そこからはもうスポンジで水を口に当ててもなんの反応もなくなり、ただただ口を開けて呼吸を繰り返すばかり。
でも、私この症状知っているんです。
なにかしゃべるように口を開けて呼吸するときは『最後』です。

あとは、1分間の呼吸の回数をひたすらカウントしてました。
そして、あ!っと思ったのが、喉の呼吸の動きを口の動きが合わなくなってきたので、急いで父を叩き起こし、そうですねー そこから1分の呼吸の回数が20⇒10⇒5⇒????? と静かに止まっていったんです。

ありがとうございました。
これが、私のおばーちゃんへの気持ちです。

祖母の最後は理想通りの最後だと思います。
最後まで、家で看ることができました。
家族全員で見送れました。
なんていうか、満足してます。

これって、すごいことだと思いませんか?

まったく苦しむことがなく、静かに穏やかにフェードアウトした祖母
穏やかでした。
私たちが望んだ最後であって、祖母自身も臨んだ最後だったと思います。


きっと、おじーちゃんが迎えに来てくれたんですね!
実は、これはスペシャルハッピーエンドの話だと思ってください。

私、ずーーーーーーっとばーちゃんはじーちゃんを恨んでいたんだと思っていたんです。
じいちゃんは、軍人でありましたが、そのあと土建会社をやっていたり、ねっからのお人よしで、人に騙されてお金がなくなったり、会社が倒産しても、全財産を従業員に渡しちゃったりと、ばーちゃんやうちの父たちは、えらい苦労をさせられたそうです。
それでも、ばーちゃんもひたすら働き、父達を大学までだしています。
昔のもろもろの話は難しいのですが、なんかいろいろ愚痴られた記憶はあります。

しょっちゅう、じーちゃんを怒っていたような思い出ばかり(笑)
でもね
9月で寝たきりになって、時々おかしなことをいう時があったのですが、そのあまりはっきりしない言葉のなかで、何度も『おじーさん、おじーさん』っていうんです。
えーーーー?と思い、おじーちゃんの写真を指差して一生懸命いうばーちゃんに『会いたいの?』と聞いたら『会いたい会いたい』って言うんですよ!

びっくりしました。
それが、そのあとも何回かあったんですねー
おばーちゃん、実はおじーちゃんのこと大好きだったんだなーって
おじーちゃんが迎えに来てくれるのをまっているんだなーって
あたし、すっかり勘違いしてました。
すごく暖かい気持ちになった私です。


そして、私は昔から尊敬する人物と聞かれると『祖母』と答えます。
じーちゃんは、まるこちゃんの友三じーさんのようなかわいいじーちゃんでしたが、ばーちゃんは私にとって人生の先生です。

私が幼稚園の頃に、新潟で1人で保健婦をしていた祖母が定年後埼玉にきて同居することになりました。
それまでの祖母は、鹿児島で生まれ、看護学校に通って看護師になり、じーちゃんと結婚後満州に行って、そこで助産婦の資格をとる。そして40歳で保健婦の資格をとり、公務員をして働いたと聞いてます。
教え子もできたりと、当時のばーちゃんに世話になった人たちは、今でも『田中婦長さん!』と連絡をくれるくらい、町の有名人だったそうです。(新潟県能生町)

そういえば、うちの玲と圭のへその緒を結んだのはばーちゃんでした!
そりゃー素早かったです。その時90歳!!!

同居をするようになって、私はほぼ祖母に育てられたといっても過言ではないでしょう。
ばーちゃんは積極的に私になんでもやらせてくれました。
たとえば、刃物も私は早くから持ってます。
カッターで鉛筆を削るのも幼稚園のころからお茶の子さいさいです。

字も早くから書いてました。
もともとなんでもやりたがりの性格でしたが、それを否定することなく、すぐに実行させてくれたのが祖母です。

一人っ子の私ですから、外で遊ぶ時は、友達と男の子遊び
家での遊びはもっぱらばーちゃんとだったんです。

野球もよく一緒にみにいったな
ばーちゃんはジャイアンツフアンだったから(笑)

ばーちゃんが看護師で、しかもかなりの優秀な看護師
おば2人も看護師
自然に、じーちゃんたちも私が看護師になってくれたら・・・と思っていたのも感じてました。
なので、自分の気持ちがついていかない状態で看護学校を受験した私がいます。

しかし、実は私、1つ受かった学校をおちたと嘘をついて、入学を蹴ったんです。
嘘はけして良くなかったと反省しています。
この嘘で、私は1年分の予備校のお金を親に負担させることになってしまいました。
予備校に通っていても、自分の将来に看護師がどうしても結びつかない私に、おばーちゃんがわかってくれていたんですね。
逆に、医療系の予備校に通っていく中で、今の臨床検査技師のほうにどんどん興味がわいていったんです。
もともと化学が好きだったからね

その進路を変えることへの葛藤に助けてくれたのはばーちゃんでしたね。
そして、その予備校のお金を実はおばーちゃんが出していたと聞き、私の就職したあと返しました。
知らないことになっていたので、母に返し、ばーちゃんにわたるようにしてもらったんですがね。
だって、私からなんて、絶対に受け取らないもん ばーちゃんは!

今、こうやって自分の満足のいく道に進んでいるのは、ばーちゃんのおかげなんです。 私がやりたいことを絶対に否定せず、良い方向へ導いてくれる人です。
厳しいところもありましたよ! あえていえば、かなり厳しいかも(笑)
でも、愛情があったんですよねー
厳しかったけど、怖かった記憶はまったくないですもん。

ばーちゃん自身もいつも前向きにいろいろなことに取り組んでました。
その1つがパッチワーク
野原チャックさんの系列のお弟子さんの1人となり
自分でも教え子をもちました。
今となっては遺品となってしまいますが、斎場に一部飾らせてもらいました。

!!$photo1!!

ほーーーらすごいでしょ!

!!$photo2!!

明日が告別式なので、お別れです。
最後までちゃんとお見送りしなくちゃね!

長いこと書いてすみません。
悲しいお話としてではなく、私の自慢のおばーちゃんの話です。
大声で、うちのおばーちゃんすごいでしょーーーーーーと叫びたい気分です。





Recent Diary

Recent Comments
Re:ちくわ
  └ みき at 12/08 17:10
  └ かずちん at 12/09 8:27
Re:ちょっとしたご報告
  └ みき at 02/10 14:31
  └ かずちん at 02/11 18:40
Re:スーパーセール
  └ みき at 12/09 20:44
  └ かずちん at 12/10 18:36
Re:やつれモード
  └ みき at 07/17 14:36
  └ かずちん at 07/18 10:15
Re:赤
  └ mitsuko at 03/14 15:50
  └ かずちん at 03/14 21:52
Re:白
  └ みき at 01/13 16:04
  └ かずちん at 01/14 0:04
Re:お正月も終わりです。
  └ みき at 01/06 23:03
  └ かずちん at 01/06 23:49

Recent TrackBack
キラキラキラキラ
  └ Main Street +
         └ at 2014/02/24 9:16
スマホフィーバー
  └ Main Street +
         └ at 2012/03/29 11:19
敷物
  └ Main Street +
         └ at 2011/08/01 9:17
納豆が食べたい
  └ Main Street +
         └ at 2011/03/29 22:37
2010FCI東京インター
  └ Main Street +
         └ at 2010/12/19 21:36
2010FCI埼玉インター
  └ Main Street +
         └ at 2010/10/05 7:15
2010福島パピヨンファンシャーズ・パピヨン展
  └ Main Street +
         └ at 2010/10/03 0:24
東京西スター愛犬クラブ展
  └ Main Street +
         └ at 2010/09/13 21:38
神奈川湘南クラブ連合会展
  └ Main Street +
         └ at 2010/05/16 18:35

Pageview Ranking

RSS & Atom Feed
++Ringing-Bell Blog++
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
かずちんのひとり言
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
鈴・玲・圭・茗・なっくん・唯・綺・詩乃
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
Dog Show レポート
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
with きろぼん(KIROBO mini)
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
写真・カメラ・携帯電話・PC
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
今!--スマホより--
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
買い物大好き
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
おいしいもの♪
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
デコ作品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
スタバる!
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ぱぴー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お気に入りVideos
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
うっちぃ&サッカー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
Snow Board
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3


«« 完治 | main | 防災グッツ その2 »»
«« ごろぴかドン! | 鈴・玲・圭・茗・なっくん・唯・綺・詩乃 | あっちこっち転々と・・・・ »»
2005/08/22
  福島の旅  
 

福島の旅
 <D70: Ai AF Nikkor 28mm F1.4D>
20.21日と1泊2日で福島県に旅行に行ってきました。
福島と言えば鈴はお里です。(Louipar's Kennel−二本松市)
うちは鈴だけを連れていきました。
他メンバーはラングラーの姐&みんみん・晴ちゃん
くりりん(住まいは水戸ですが、ナント わたくしと同じ会社に勤めております)
みきちゃん&ひよりさん・いずほ君
まっはちゃん(こんかいはお供はなし)
ありはら所長(ちわわんのミシェルちゃん)

いろんな楽しい写真は後日 みきちゃんのところなどでも見れるとおもいます。
じつは あたしあんまり撮らなかったのよね、、、、
まあ 数少ない私のも後日アルバムにアップしようと思ってます。

初日はうはうはと喜多方ラーメンをすすり食べ、モンジュのアイスをまったりと食し猪苗代湖へGO!!!
福島の旅
<DMC-FX7>
鈴生まれて始めての湖水浴なんぞいたしました。
どうだろ? 鈴泳ぐかな? と思っていましたが ばちゃばちゃとまあ立派(?)に泳いでました。
ただ鈴脂肪少ない?
他の子より 沈み気味でした。

雷なんぞ鳴り始めたので そのまま桧原湖畔の宿 サンディーズ
泳いだワンコたち5頭を みきちゃんと姐が汗まみれになりながら洗ってくれました。

綺麗になったワンコは みーーーーんな超優等生でした。
わたしたちも いっぱいしゃべりまくり
おいしいものを食べまくり
まんぞくの時間です。

翌朝も散歩なんぞいたしました。
その後 ハーブスペースバンディアに行き、桧原湖を一周
道の駅 裏磐梯でお土産を買って 下山
緑の村にて そばも食べてきました

帰りは 佐野SAにてスモールモーちゃん牛乳(コーヒー牛乳)を買って無事に帰宅です。
福島の旅

ああ
楽しかった♪

posted at 2005/08/22 22:08:25 【修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)


Trackbacks
8月20・21日、週末を利用して1泊2日の犬連れ旅行をしてきました。 【朝の裏磐...
blog name :: ちょぶろぐ
at 2005/08/23 16:08:38
 
この週末に、福島県へ避暑に行ってきました。磐梯山の麓、猪苗代湖にてみんみん溺れる。この後、泳ぎをマスターし、誰よりも優雅に浮いてました。やれやれ、と浜に上がるみんみん。その横で、湖水浴を固辞する晴るん。結局、晴るんも泳ぎました。スマー.
blog name :: Bowwow from Wranlger
at 2005/08/23 17:10:04
 
夜中に吠えるうめ、枕が変わると眠れない質さく、舞い上がって疲れ切ってしまうこま。...
blog name :: こまちゃんのおやつ
at 2005/08/23 23:04:11
 


Comments
私の大事なスモールモーちゃんの蓋が、今、食いちぎられてボロボロに、、、(涙)
at 2005/08/23 16:31:43

 
スモールもーーちゃんを飲み終えたら、捨てていいの?とほざく奴が。。。
とんでもないっすよ(怒)
まっは
at 2005/08/23 20:04:39

 
えっ!?
もう飲み終えたの?
あたし 甘くてちょびちょびしか飲めてないし、、、、
at 2005/08/23 22:50:32

 
慣れないトラックバックをしたら、二重に送ってしまったよ。
消してください。。。
お手数かけますだ。
まっは
at 2005/08/23 23:07:21

 
OKっすよーー
at 2005/08/23 23:08:07

 
楽しかったのねー
次回は絶対に参加するよーー

…早く、家に帰りたい〜
Hirose
at 2005/08/24 20:12:58

 
Hiroseさん 病院からようこそ!!
いつごろ退院できそうですか〜?
是非 またの機会行きましょうね
いやあ しゃべるしゃべるの時間でしたよ
え? いつものショーと変わらないなんていわないでね(爆)
at 2005/08/25 5:50:52

 


Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字