++Ringing-Bell Blog++
2022 / 12   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Pageview

Twitter


Profile
Web Master⇒かずちん
パピヨン5匹と共に暮らす生活を紹介
愛用Camera―Nikon D200
       Nikon D300s
       Nikon P300
冬はスノーボードに勤しみ夏は南の島へ
詳しいことは『Kazutin's Profile』参照

mail⇒ メ−ルフォ−ムに書いてちょ-だい
main site
http://www.ringing-bell.com/

Menu

Pickup Photo!
2005/04/03 :: 2005FCIアジアインターナショナルドックショー
今年もやってきました 
2005年アジアインターナショナルドックショー
今年はね 玲と茗が それもオーナーハンドラーで出たのですよ
あははーーーー
まずは結果です
パピヨンのブリードのみです

【 牡 】
BOBーCH.SMILE LINE COVER GIRL'S GREAT HARRY
                      (2004年牡NO.1パピヨン)
AOMーCH.QUEEN BLESS JP PRINCIPAL KID
AOMーCH.QUEEN BLESS JP RED CONNECTION
AOMーCH.TOP STAGE JP RING-MASTER
 WD ーQUEEN BLESS JP ROYAL GOLD(自家繁J)
RWDーSMILE LINE Y-L NOZOMI GRACE(自家繁YA)
 EX ーQUEEN BLESS JP OLYMPIC GOLD(オープンJ)
 EX ーTARAMU AMORE'S STORY FCI(オープンYA)
 EX ーTARAMU AMORE'S BECKHAM FCI(オープンA)
 EX ーFANTASIAN JP KING BARON(自家繁A)

【 牝 】
BOBーCH.TARAMU AMORE'S SHUBELL FCI
AOMーCH.QUEEN BLESS JP VICTORIA
AOMーCH.LIBERTY FARM OKADA JP'S JUST KAREN
 WB ーLIBERTY FARM OKADA JP'S QUEST MISHA(自家繁J)
RWBーLIBERTY FARM OKADA JP'S LARKY VIVI(自家繁Y)
 EX ーQUEEN BLESS SHINE OF ART ETOILE JP(オープンJ)
 EX ーSHIGEZO JP ALIMU(オープンYA)
 EX ーMAX DEEN JP VIVIAN(オープンA)
 
※結果記載 Sさんありがとうございました

!!$photo1!!
 <D70: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70〜200mm F2.8G(IF) Photoガゼルさん>
!!$more!!
玲がんばったよ!
先週は ジャッジに威嚇しちゃったけど 今日はとってもおりこうさんに触診を受けられました。
あたしはそれだけで 今日の玲は合格印[:100点満点:]を付けてあげます!!
2回目のショー それもRingをあれだけの人が囲む中 玲はよくがんばったと思います
ハンドラーをしたあたしがいっぱいいっぱいだったのに 玲は本当にあたしを困らせることなくできました。
ありがとう玲くん

!!$photo2!!
<D70: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70〜200mm F2.8G(IF)>
リナぴーはあと来週2回ショーに出て しばらくお休みになります。
こんなちっちゃいのにママになるんですよ
もう4頭が実は確認されています。
茗ももうすぐおばちゃんかぁ・・・・

!!$photo3!!
<D70: AF-S VR Zoom Nikkor ED 70〜200mm F2.8G(IF)>
ふっちゃんは今日も尾内ハンドラーと共に 総勢20頭の牝CHクラスに出てアジアウィナーを狙いました。
結果は残念でしたが、今日のふっちゃんは完璧でした
やっぱ本部展です 厳しい戦いでしたね。

茗はオープンのジュニアクラスで出ました。
写真はあたしのカメラにはありません
茗はベスコ姐に牽いてもらう予定でした。
朝のRingの練習でも行けそうだとおもったので・・・・
しかし 牡が終わり牝の始まる約40分の練習にて、茗あたしを探し初めてしまいました、、、
あれれれ だめじゃーーーーーーん(涙)
こうなったらヤケクソ状態なんてことないですが、
またもやオーナーハンドラーにてがんばる歯目に、、、、
いいのか? あたしで???

茗の課題は尾っぽ
そう 茗はさがっちゃうんです、、、、
それと テーブル いやーーーーーってひいちゃうんです
しかーーし 茗もがんばったんです
ラウンドでの尻尾OK
テーブルでの我慢も先週より ずーーーーーっといいです
もう あたしうれしくて泣いちゃいそうでした

その他のお仲間は
牡CHクラスにて シフォン君が尾内ハンドラーと出ました。
やはり20頭オーバーの頭数の中 シフォン君はピックアップされ最後までがんばりましたが、結果は2004年度NO.1のハリー君の頭上に!!
牝のオープンアダルトで ともみさんのところのアンナさん
同じクラスで みき家の玉緒ちゃん
牝の自家繁ジュニアにてベ姐の帰蝶ちゃん
ファーレン牝にて ともみさんのアイリスちゃん

みんながんばりました。
あたしもがんばった(自画自賛)
なんていうかな? あたしは素人ハンドラーであって経験もないのです
だからね 犬を「魅せる」なんてことはとうていできるわけがないのです
自分のことで手がいっぱい、、、
本来は犬さえ良ければいいのだとは思うのですが、犬を良く魅せるにはハンドラーの技量がいかに大切かよくわかりました。
でも あたし 楽しかったです!!
だってね 玲も茗の先週に比べて前進したことがありありと手に感じたんです
なんか 結果は別として 本当に楽しめました。
愛犬と共に何かをできたって感じです。

いやぁ 難しい世界です
でも また懲りずにがんばりたいですね
本当によかった
玲・茗にも引き続きマナーの練習を続けていくつもりです

今日は自分が出陳で カメラも三脚に立てっぱなしで写真は少ししかないのですが
アルバムにあっぷしました。
「2005年アジアインターナショナルドックショー」

応援してくださったみなさん
どうもありがとーーーー


Recent Diary

Recent Comments
Re:ちくわ
  └ みき at 12/08 17:10
  └ かずちん at 12/09 8:27
Re:ちょっとしたご報告
  └ みき at 02/10 14:31
  └ かずちん at 02/11 18:40
Re:スーパーセール
  └ みき at 12/09 20:44
  └ かずちん at 12/10 18:36
Re:やつれモード
  └ みき at 07/17 14:36
  └ かずちん at 07/18 10:15
Re:赤
  └ mitsuko at 03/14 15:50
  └ かずちん at 03/14 21:52
Re:白
  └ みき at 01/13 16:04
  └ かずちん at 01/14 0:04
Re:お正月も終わりです。
  └ みき at 01/06 23:03
  └ かずちん at 01/06 23:49

Recent TrackBack
キラキラキラキラ
  └ Main Street +
         └ at 2014/02/24 9:16
スマホフィーバー
  └ Main Street +
         └ at 2012/03/29 11:19
敷物
  └ Main Street +
         └ at 2011/08/01 9:17
納豆が食べたい
  └ Main Street +
         └ at 2011/03/29 22:37
2010FCI東京インター
  └ Main Street +
         └ at 2010/12/19 21:36
2010FCI埼玉インター
  └ Main Street +
         └ at 2010/10/05 7:15
2010福島パピヨンファンシャーズ・パピヨン展
  └ Main Street +
         └ at 2010/10/03 0:24
東京西スター愛犬クラブ展
  └ Main Street +
         └ at 2010/09/13 21:38
神奈川湘南クラブ連合会展
  └ Main Street +
         └ at 2010/05/16 18:35

Pageview Ranking

RSS & Atom Feed
++Ringing-Bell Blog++
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
かずちんのひとり言
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
鈴・玲・圭・茗・なっくん・唯・綺・詩乃
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
Dog Show レポート
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
with きろぼん(KIROBO mini)
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
写真・カメラ・携帯電話・PC
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
今!--スマホより--
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
買い物大好き
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
おいしいもの♪
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
デコ作品
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
スタバる!
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ぱぴー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お気に入りVideos
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
うっちぃ&サッカー
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
Snow Board
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3


«« ポーチ | main | 2017FCI神奈川インターナショナルドックショー »»
«« 気が付いたら2か月ぶり | 鈴・玲・圭・茗・なっくん・唯・綺・詩乃 | ほっ。。。 »»
2017/01/30
  ちょっとしたご報告  
 

ちょっとしたご報告
暖かい日でしたので、綺を連れて散歩
スタバで休憩!!

やっと落ち着いたので、ちょっとご報告です。

ちょっとしたご報告
2017年1月25日
圭が旅立ちました。
生前、圭を可愛がっていただき、ありがとうございました。

腎臓の方がよくないのはわかっておりました。
心臓のほうも年々悪くなってはおりました。

投薬と検査を定期的に行っており、先日の数値は少し下がってきてはいたのですが、急性の腎不全になり、急遽入院。

先生にも状況は厳しく、できるだけ会いに来た方がよいと言われておりましたので、『覚悟』はしました。

腎臓の治療をすると心臓が厳しい、心臓を治療すると腎臓が厳しい。正直どうにもならない状態でした。

18日緊急入院し、日曜日に会いに行ったときの圭の呼吸は非常に苦しそう。
眼光も弱い。
ずっと、抱いてはおりましたが正直私も本当の覚悟をしました。
あとは、圭がこの後どう過ごしたら良いかをずっと考えておりました。

IMG_0721.jpg
22日に会いに行ったときの圭です。
左には私がいます。
たぶん、初めて圭とツーショット撮ったかもね。
最初で最後になっちゃった。

その次の日は父と私で
火曜日は父と母二人で
そして、25日水曜日も父が昼に一人で

父からは、火曜日水曜日とずいぶん元気を取り戻してきたよ!との報告
治るわけではないので、これなら家に帰れるかも!と期待をし、週末会いに行くつもりでした。

でも、何か変????
調子がよかったことは昼に聞いて安心していたんですが
無性に圭に会いたい。
基本的に仕事優先の私なので、仕事の合間をぬって物事をするのですが、何か言葉で表せないのですが、会いに行かなくちゃ!みたいな一言でいって『焦り』が湧き出ていたんです。

面会は19時まで
定時に上がっては間にあわないので、まぜか30分早くあがってすっ飛んでいきました。
道中も、焦りばかり
なんなんだろうと本当に気持ちがわるかったです。

ほぼ19時に入り、混んでいたので大丈夫ですよ!とのことでゆっくり圭と面会できました。

うん!足も元気にバタつかせ、元気だね。
目に力も見える。
ほっとしました。

全部の患者さんがいなくなったあと、院長と待合室で話をしました。

この状態なら家に帰って、自分で点滴をするかという話。
これは治す話ではなく、自宅で看取る話ではありますが、私が望んだことです。
だいぶ落ち着いてきたので、今ならという話になりました。

この日はなんの準備もしていなかったので、それまでに酸素室のレンタルや準備をするつもりで、週末退院と決め、圭を預けました。

さー帰ろう!と車に乗ろうとすると
きて!と呼ばれ、奥で横たわる圭
挿管されモニターを即座に付けられる。
急変です。

あーーーーと思いました。
先生たちは私の目の前で本当にご尽力くださいました。
なんとか家に帰れるよう力を尽くしてくれました。
ありがとうございます。

どんなに処置をしても圭はもどりません。
先生に、もういいですとお願いしたのは私です。
私が決めました。

圭を連れて帰れなかった。
これだけが本当に後悔してます。
なんで、このまま連れて帰ります!と言えなかったのか
こんな形で帰ることになったのか
ごめん圭、、、、、

奇しくも鈴の四十九日の前日
1月25日 14歳と6か月 圭は精いっぱい生きて旅立ちました。

鈴に引き続き、こんなに早く圭まで
正直、覚悟はしてましたが、心の準備はできていなかった。
鈴の時は介護の期間もあったので、覚悟は十分で、ありがとう!これに尽きました。
しかし、圭の旅立ちはただただただただ悲しい。
元気にしたり、圭の亡骸をみては涙があふれて後悔が
圭の子犬の時の動画をみては、また泣けてくる。
だめだなぁあたし

こういうの、本当は好きじゃないです。
圭がちゃんと安心して旅立てるためにも、こういう私ではいけない!というのが私の信念なんですけどね。

しかし、やっと今日
圭を火葬し、大泣きして葬ってきましたら、あ!お別れができた!と何かがはじけた瞬間でした。

IMG_0792.jpg
家にもどってきて、母と息子ならんでおります。
連れて帰ってきた!とほっとしました。
もう泣きませんよ!
大丈夫
強がって大丈夫と言っていたときとは違います(笑)
本当に切り替わった感じがします。
見送れた満足感が上です。

ちょっとしたご報告
残念ながら圭は15歳の表彰まで生きることができませんでした。
あのJKCの表彰は、たかが!と思う方もいるとは思いますが、結構目標としてのモチベーションとして重要です。

今年の7月で15歳を迎えようとしておりました。
そして、10月になったらすぐに申請をするつもりでしたからね。

圭の代わりに、同胎の玲には頑張ってもらいます。

生まれてからずっと2頭セットだった玲と圭兄弟
まー仲良しで見ていて笑えるほど

どちらかを外に出す予定でしたが、亡き祖母が
こんなに仲良しなのに離しちゃいかん!と飼い主を探すことに大反対で、2頭ともうちに残った玲と圭
とうとう玲一人になりましが、母の鈴、兄弟の圭が見守ってくれていることでしょう。

DSC_7629.jpg

圭、うちに生まれてきてくれてありがとうね。
楽しい日々でした。
RINGING BELL JP IMPRESS ON ME  
CN: 圭(Kei)
2002年7月10日生まれ

posted at 2017/01/30 18:22:25 【修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)


Trackbacks


Comments
最後の1枚は、とてもいい写真だねぇ。。。
これみたら泣けてきそう。
それにしても「ちょっとした」ご報告とは!!
みき
at 2017/02/10 14:31:51

 
〉みきちゃん
いつも二頭で舐め合ってたのが懐かしいわぁ
本当に仲良しの兄弟だった。
うん!いい兄弟だったね!
いいんだよ。ちょっとしたで(笑)
かずちん
at 2017/02/11 18:40:59

 


Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字